2017年03月31日

田舎から上京しこんな感じで生きてます

「あーあ、何の為に鹿児島出てきたんだろう。」18歳で鹿児島から上京して、東京の大学に通ってそのまま関東に就職した。

昼は普通のOLをしているけど、月給はわずかに手取りで18万。

住んでるのは千葉とはいえ、物価は高いので、週末はスナックでお小遣い稼ぎをしている。

家賃と、携帯代と、食費などを差し引くと毎月かつかつ。

思い描いた東京生活とは程遠い。

東京駅や、日本橋駅でばりばり働いているキラキラしたキャリアウーマンを見るたびに、昇りつめるまで頑張るぞって思っている。

私は鹿児島から出てきた時から決めていた。

いつかは、海外に留学して、英語ペラペラになって外資系企業に就職して、いつかはばりばりのキャリアウーマンになること。

自分に力を付けて、自分の力だけで生きて行くこと。

留学の為の貯金も思った以上に貯まらない。

最近は、スナックで「お金持ちのお客さん」を探している。

まあでも、美味しい話ってそうそう転がってないし、融資を持ちかけてきてくれるおじさんはみんな「愛人希望」。

気持ち悪いし、そこまで落ちたくはない。

でも、夢もあるんだよなー。

どっかに私の夢を買ってくれるおじさんがいたらいいんだけどなー。

なんて、だめだ。

完全に都会のいけない風に吹かれて、汚れてる気がする。

最近は、「奨学金の返済」がすごく重くのしかかっている。

毎月、約15000円の返済がこれから先10年は続くと思うと、たまに荒みそうにもなるよね。

力の入れ方を間違ってきたのかも。

本当は、大学時代にもっと努力して、資格でも取っておけば、こんな普通のOLなんてせずに専門職で生きていけたのだろうけど。

努力しなかった自分もいけないのに、環境のせいにしちゃいけないよね。

東京で、毎日頑張って生活していると、田舎のお父さん、お母さんが健康に気を使った美味しいご飯を毎日用意して待っていてくれてた、暖かい実家がとても恋しくなってくる。

帰りたい。でも、夢を叶えるまでは帰りたくない。

こんなどうしようもない24歳だけど、やっぱり親から大切にして貰った、自分を大切にする為にも、早く留学のお金を貯めて、頑張らなきゃ!

今日も、ご飯作るのめんどいけど、簡単な炒め物と、スープでも作って、1人の夕食を楽しみましょうっと。

gohan151214248686_TP_V.jpg
posted by 桃色 at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください